主にブロンプトンやダーツ関連の情報を発信しています!

強烈カット!ピーターライト スネークバイト マンバ2 (ソフト&スティールダーツ)

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら

レッドドラゴン所属のピーターライト選手モデル!

PDCプレイヤーで人気のスネークバイトことピーターライト選手のマンバ2のソフトダーツ(20g)とスティールダーツ(22g)をレビューします。

シャークカットに加え、強烈なデルタテックカットが特徴のストレートバレルです。

カット部はグリーンコーティングされてます。

■内容(ソフトダーツ)
・Premium Snakebite packaging
・バレル(Mamba2 barrels)×3(1セット)
・フライト(Players extra thick standard flights)×3(1セット)
・シャフト(Nitrotech polycarbonate medium shafts)×3(1セット)
・チップ×3(1セット)

パッケージ(ソフトダーツ)

■内容(スティールダーツ)
・Premium Snakebite packaging
・Mamba2 barrels 3本
・Players extra thick standard flights 3枚
・Nitrotech polycarbonate medium shafts 3本

パッケージ(スティールダーツ)

アレンジカードが付属していました。

ニトロテックシャフトのグリーンとバレルがめちゃくちゃマッチしています。

ソフト版、スティール版ともにパッケージもそっくりですね。スティールダーツはアレンジカードが付属しています。

 

ピーターライトモデル スネークバイト マンバ2のスペックを測定!

 

メーカー公表スペック(ソフトダーツ)

材質:タングステン90%
全長:54.6mm
最大径:6.4mm
バレル重量:20g(セット重量22g)

測定スペック(ソフトダーツ)

バレル 全長 [mm] 最大径 [mm] 最大径(カット部) [mm] 重量 [g]
1本目 54.69 6.42 6.40 20.49
2本目 54.66 6.43 6.41 20.48
3本目 54.66 6.36 6.33 20.46

バレルマッチング重量が高めですね。

1本目

全長:54.69mm
最大径:6.42mm
最大径(カット部):6.40mm
バレル重量:約20.49g


2本目

全長:54.66mm
最大径:6.43mm
最大径(カット部):6.41mm
バレル重量:約20.48g

3本目

全長:54.69mm
最大径:6.36mm
最大径(カット部):6.33mm
バレル重量:約20.46g


メーカー公表スペック(スティールダーツ)

材質:タングステン90%
全長:54.6mm
最大径:6.2mm
バレル重量:22g
規格:ハード

測定スペック(スティールダーツ)

バレル 全長 [mm] 最大径 [mm] 最大径(カット部)[mm] 重量 [g]※
1本目 54.73 6.45 6.42 22.51
2本目 54.73 6.43 6.40 22.49
3本目 54.71 6.37 6.36 22.49

※ポイントは付属されているものから変更しているため、参考値とします。

最大径がメーカー公表値とかなり差異がありますね。

測定する前に握った際も、「あれ、思ったよりも細くない」と感じました。

1本目

全長:54.73mm
最大径:6.45mm
最大径(カット部):6.42mm
バレル重量:約22.51g


2本目

全長:54.73mm
最大径:6.43mm
最大径(カット部):6.40mm
バレル重量:約22.49g


3本目

全長:54.71mm
最大径:6.37mm
最大径(カット部):6.36mm
バレル重量:約22.49g


 

ダーツを使用してみた感想

シャークカットということもあり、かなりカットが強いです。

しかし、デルタテックカットのおかげか、角がとってあるため皮膚に食い込むようなカットの強さではなく、想像よりもマイルドです。

握ってみた感触として、オクタゴンカットのような多角形カットに近いです。

これもデルタテックカットの恩恵で、非常に握りやすいと感じました。

数か月間使用していますが、非常にカットの摩耗が少なく、まだまだ健在でお財布にやさしいのも見逃せません。

投げてみた感想としては、全長が非常に長いバレルのため、棒を投げるようなイメージで投げることができます。

ソフト版とスティール版でスペックがほぼ同じというのが良いですね。

最大径がソフト版とスティール版で同じというのは案外少ないです。(ほとんどの製品が、ソフトモデルの方が最大径が太い)

ソフト版のデメリットをあえて挙げるのであれば、ダーツの重量とカットの強さが相まって、ダーツを抜く際に乱暴に引き抜くと皮膚をケガします。

また、シャフトの長さ、フライトの大きさで投げ感がとてつもなく変わるバレルです。

カットが強いバレル、多角形カットが好みの方には非常におすすめできます。

普段シャークカットを敬遠する方も一度は手に取ってほしいバレルですね。

 

ピーターライト選手の動画

日本で開催されたPDC Japan Darts Mastersの村松治樹選手との対戦

マンバ2のインプレッション動画

ウォークオン(入場曲)Don’t Stop The Party ft. TJR

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© とーくんのメモ帳 , 2019 All Rights Reserved.