主にブロンプトンやダーツ関連の情報を発信しています!

【驚愕】DARTSLIVE-ZERO BOARDの静音性はいかに!?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら

DARTSLIVE-ZERO BOARD(ダーツライブゼロボード)を購入

ソフトダーツ用のボードで、DARTSLIVE ZERO BOARD(ダーツライブゼロボード)を購入しました。

 

以前の記事でグランボード2(GRANBOARD)の静音化の比較記事を投稿したので、今回も比較してみました。

 

使用ダーツスペック

チップ:コンドルチップ
バレル:TIGA レッドフライ22g
シャフト:L-shaft carbonロック260
フライト:シェイプ

DARTSLIVE-ZERO BOARD(ダーツライブゼロボード)の静音性の測定結果!

平均値[dB]:59.2(普通の会話、チャイムの音程度)
最大値[dB]:76.8(地下鉄の車内、掃除機、キータイプの音程度)

評判通り、かなり音が抑えられています。

 

さまざまなボードの比較結果まとめ

前回のエントリ同様にスマホアプリでの測定のため、正確なデシベル値は不明ですが、相対的に判断してみます。

ダーツボードの種類 平均値[dB] 最大値[dB] グランボード2(静音化)

との差[dB]

GRANBOARD2

(静音化前)

77.1 96.6 +13.4
GRANBOARD2

(静音化後)

63.7 81.1 ±0
ブリッスルボード 56.3 67.9 -7.4
DARTSLIVE ZERO BOARD 59.2 76.8 -4.5

 

静音化後のグランボードと比較しても、平均値が-4.5[dB]下がりました。

ブリッスルボードにより近い静音性となり、驚きです。

体感的ですが、グランボードと比較し、チップとセグメントの接触時のパシィン!といった高音があまり無いです。

グランボードの場合は、セグメントパーツとボードの接触音が響いていると思われます。

セグメントに触れ、上下左右に動かすとかすかにですが動きます。

ゼロボードの場合は、セグメントが全く動きません。

グランボードはカタカタと動くため、セグメントとボードを両面テープ等でくっ付けることで、ゼロボードに近い静音性が確保できる可能性がありますね。

試してみたら記事にしたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© とーくんのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.