主にブロンプトンやダーツ関連の情報を発信しています!

金属シャンパンリングを購入する際の相性による注意点!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら

金属シャンパンリングについて

L-Shaft(エルシャフト)ユーザーはまず使用しているであろうシャンパンリング。

シャンパンリングの中でも、耐久性に優れている金属シャンパンリングについてまとめました。

DMC製とL-Style製の金属シャンパンリングの比較

見た目も若干異なりますが、性能は見た目以上に違いがあります。
DMC製
L-Style純正

重量の違い

DMC製は約0.3g、L-Style純正品は約1gと、3倍以上の差があります。

DMC製金属シャンパンリング

L-Style純正プレミアムシャンパンリング

 

抜けにくさ

抜けにくさは差しにくさと比例します。

もともと抜けにくいラロシャフトの場合、DMCシャンパンリングだとフライトが奥まで刺さりません。

DMC製シャンパンリングとディンプルフライトは特に相性が悪い

L-Style純正プレミアムシャンパンリングとディンプルフライトはピッタリ

 

また、ラロシャフトの他にも、通常のエルシャフト(ナイロン)もDMC製シャンパンリングだとフライトが奥まで刺さりません。

そのため、DMC製シャンパンリングと相性が良いのはエルシャフトカーボンのみとなります。

 

シャンパンリングとシャフトの相性一覧

シャンパンリングとシャフトの相性を下記にまとめました。

金属シャンパンを購入する際はぜひ参考にしてみてください。

シャンパン

リング

エルシャフト

(ナイロン)

エルシャフト

(カーボン)

ラロシャフト

(ナイロン)

ラロシャフト

(カーボン)

DMC製 × ×
L-Style製

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© とーくんのメモ帳 , 2018 All Rights Reserved.