主にブロンプトンやダーツ関連の情報を発信しています!

自宅にダーツを設置しよう!タイプ別ダーツスタンドのおすすめ

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら

家でもダーツボードを設置してダーツがしたいなぁ・・・でもどうやって設置すればいいんだろう?

とーくん

 

ダーツボード設置にあたりほぼ必須と言ってもいいダーツスタンド。

 

設置方法は様々ですが、一体何が違うのか?

 

この記事では部屋の広さ、安全性、簡易性、汎用性といった目的別の観点からダーツスタンドの紹介とレビューをしていきます。

 

ダーツスタンドの種類は大きく分けて5種類

ダーツスタンドは大きく5つに分類できます。

・自立タイプ

・三脚タイプ

・突っ張りタイプ(ポールタイプ)

・自作

・壁掛け

 

それぞれの詳細と製品を見ていきましょう。

 

自立タイプ

自立するタイプのため、、組み立てて置くだけのシンプルな構造です。

 

一番使用者が多いと思います。

 

メリット:組み立て、設置が容易、比較的安価。

デメリット:大きいため、部屋のスペースが減る。圧迫感がある。

 

ブリッツァー BSD21

サイズ:高さ202cm / 幅61cm  / 奥行36 cm
重量:10.4 Kg

 

ダーツボードスタンドを多く販売している大手のブリッツァーが販売しているダーツスタンドBSD21シリーズです。

 

昔からある人気の製品で、質と価格のコスパが光ります。

 

作りがしっかりとしており、4つ足による安定感もあり、万人におすすめできます。かりとしていて頑丈なだけでなく、大型アジャスターによって抜群の安定感を持ちます。

 

ダーツホルダーや、ダーツ落下防止のトップシート等もついています。

 

ハードボード、ソフトボードも設置でき、カラー展開もブラック・マルチ・ナチュラル・ホワイトの4色から選べます。

 

D.craft アルテミス

created by Rinker
ディークラフト(D.craft)
¥13,200 (2022/09/28 11:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ(展開):高さ203 / 幅60.5 / 奥行60 cm
サイズ(収納):高さ200cm / 幅11cm / 奥行10 cm
重量:約12Kg

 

折りたたみ式の自立タイプです。

 

折りたたむことにより、自立型タイプの弱点である大きさを緩和できる製品ですね。

 

安定性が心配ですが、関節部分をネジ固定することにより、補強されているようです。

 

 

ダーツホルダーも完備されています。

 

三脚タイプ

最近人気のタイプである三脚タイプです。

 

自立型と同じく、組み立てて置くだけのシンプルな構造です。

 

特徴として、折り畳めるため持ち運びも容易である点です。

 

メリット:持ち運べる、設置が容易、軽い、比較的安価。

デメリット:安定性にかけるため、スタンド自体が動く可能性がある。

 

TRiNiDAD(トリニダード) マルチダーツスタンド

サイズ(展開):非公開
サイズ(収納):高さ98cm / 幅31cm / 奥行13cm
重量:約2Kg

 

大手メーカートリニダードから販売されている三脚型のダーツスタンドです。

 

簡単に設置可能で、重さは約2kgという驚きの軽さです。

揺れ防止として壁に対して垂直に当てる伸縮ポールがあるのが特徴です。

 

距離を測定する専用メジャーが付属しているのも良い点ですね。

 

持ち運びに便利な専用バッグ付きです。

 

 

GRAN DARTS(グランダーツ) キャリーイングスタンド

created by Rinker
グランダーツ(GRAN DARTS)
¥9,200 (2022/09/27 19:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ(展開):高さ177cm / 幅96cm / 奥行83cm
サイズ(収納):高さ85cm / 幅9cm / 奥行9cm
重量:約1.5Kg

 

グランボードを販売している、GRAN DARTS(グランダーツ)社の三脚タイプのダーツスタンドです。

 

トリニダード社のマルチダーツスタンドを凌駕するコンパクト、軽量さを誇りますが、その分安定性に欠けそうです。

 

持ち運びを目的とするのであれば、これ以上とない申し分ない選択肢だと思います。

 

価格が抑えめなのも嬉しいですね。

 

グランダーツ社の便利なブラケットが標準装備されています。

 

収納時はめちゃくちゃコンパクトになり、重さも驚異の1.5kgしかありません。

 

オリジナルバッグ付きです。

 

 

 

突っ張りタイプ(ポールタイプ)

床と壁で突っ張ることでスタンド自体を固定するタイプ。

 

組み立て自体はシンプルなものが多いですが、中には設置が大変なものもあります。

 

特徴として、接地面積が最小限で済み、場所をとりません。

 

メリット:場所を取らない、シンプルでインテリアに合わせやすい

デメリット:設置にコツが必要。壁に音が響く。安定性に欠ける。

 

GRAN DARTS(グランダーツ) ポールスタンド

サイズ(展開):高さ148~270cn / 幅30cm / 奥行10cm / ポール太さ4.9cm
重量:約3Kg

 

グランボードを販売している、GRAN DARTS(グランダーツ)社のポールタイプのダーツスタンドです。

 

シンプルな設計ながら、簡単に設置できるように各所工夫がされています。

 

グランダーツ社のブラケットが標準装備されています。

 

価格がやや高いのがネックですね。

 

DARTSLIVE(ダーツライブ) ポールスタンド

サイズ(展開):高さ210~270cn / ポール太さ3.9cm
重量:非公開

 

ダーツライブ200S、ダーツライブゼロボード専用のポールスタンドです。

 

ハードボードやグランボード等のソフトボードは設置できない点に注意です。

 

ブリッツァー コーナーダーツスタンド BSD31-BK

サイズ:高さ210~263cm / 幅61cm  / 奥行36 cm
重量:約10 Kg

 

ありそうでなかった壁のコーナー用ダーツスタンドです。

 

空間を無駄なく使用できるという点では、素晴らしいですね。

棚板の角度は90度ではなく、85度のため、設置する向きを微調整可能という点もすごいです。

天井したの棚板にはディスプレイ等も置けるスペースがあるため、電子ソフトボードが捗りますね。

ブリッツァー製のため、ダーツホルダーももちろんあります。

 

ブリッツァー 突っ張り式ダーツスタンド BSD30-BK

サイズ:高さ217~263cm / 幅61cm  / 奥行5 cm
重量:約9.6Kg

 

突っ張りパーティションのようなダーツボードスタンドです。

 

ハードボード用となっていますが、バックボードの幅がハードボードと同様のサイズに合わせているようです。

 

バックボードからはみ出す形になりますが、一応ソフトボードも設置可能です。

 

フックの取り付けが可能なメッシュボード付きです。

 

ブリッツァー製なのでダーツホルダーも完備。

 

 

 

 

自作

ディアウォール等を使用したツーバイフォー材でポールスタンド型のように自作することも可能です。


また、ダーツ専売ではなく、一般販売されている突っ張りパーティションを利用してダーツスタンドの自作も可能です。

 

メリットは安価で済みますが、専用品では無いため、ダーツボードを設置する高さ等は自身で調整する必要があります。

 

壁掛け

賃貸では難しいですが、直接壁に釘の穴を開けてダーツボードを設置することも可能です。

 

デメリットは、壁との反響音が響くため、集合住宅では近隣への迷惑となる可能性があります。

 

とーくんは何を使ってる?

私はグランダーツのポールスタンドを使用しています。

画像

 

グランポールスタンドのメリット

・設置が比較的簡単(一人で設置可能)

・インテリアを邪魔しない

・ダーツボードの高さ調節不要

・穴あけ加工不要(専用のブラケットがある)

 

グランポールスタンドのデメリット

・突っ張り棒タイプのため、落下の心配がある

・天井、床の振動が不安(騒音に繋がりそう)

 

グランポールスタンドのデメリットを解消させる方法

ポールスタンドと天井、床との接地部分にゴム板をかませて、スタンド自体のズレ防止と振動の防止対策をしています。

2年以上使っているけど、全くずれていないよ

とーくん

 

created by Rinker
杉田エース(Sugita Ace)
¥369 (2022/09/28 11:12:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

結論(まとめ)

ダーツボードを設置するためのダーツボードスタンドを紹介しました。

 

是非参考にしてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして。当ブログ主のとーくんです。 当ブログでは私の趣味や生活に役立つ情報などを発信していこうと思っております。
詳しいプロフィールはこちら














- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© とーくんのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.